日記

イングリッシュマフィンがブームです。

こんにちは

サラリーマン主夫です。

最近イングリッシュマフィンがちょっとしたブームです。

いろいろネットで勉強した結果

簡単に自分で作れるやん!

という事が分かり、たまに作っております。

 

作り方は簡単♪

作り方は簡単

  1. HBで生地を作る(60分)
  2. 食べる大きさに分けたらベンチタイム(20分)
  3. コーングリッツをつける
  4. 2次発酵(50分)
  5. 焼成(15分)

 完成!

どーん

ふわふわのマフィンのできあがり。

型から取り出すとこんな感じ

 

そうなんです。あのまん丸な形を出すためには、「セルクル」と呼ばれる型を

使う必要があります。

(数を間違えて購入したので、1つは形無しです)

Amazonとかで比較的安く入手することができますよ。

 

我が家ではφ90X30㎜のものを使用しています。

(こどもでも食べやすいサイズかと)

遠藤商事セルクルリング丸型 φ90×H30mm
created by Rinker

 

ジャムを塗って食べてもいいし

ハンバーグを挟めば

簡単ハンバーガーの出来上がり。

 

写真を取り忘れましたが

長男は「ハム+とろけるチーズ」を挟んだものがお気に入りです。

 

難点はこちら

簡単に作れるし、美味しいのですが難点もあります。

  1. 作るのに時間がかかる。
  2. コーングリッツがめっちゃ余る。

 

まず、パン作りって結構時間がかかるのですよね。

HBで食パン焼くときは

「材料入れてタイマーぽち!」

これだけでいけますが(大体5時間ぐらいかかります)

 

上で書いたように

生地作る(1次発酵)→寝かせる→二次発酵→焼成

これをノンストップで進める必要があります。

早くても2時間半ぐらい拘束されます。

(手離れは良いのですけど)

 

そのため「食べたい」と思って作り始めてもすぐ食べれない事

難点の1つです。

じぇんつー
じぇんつー
パン作りは計画的に!

 

そして、イングリッシュマフィンの表面のつぶつぶの食感のもとである

「コーングリッツ」

これがめちゃくちゃ余るのですよ。

購入単価(500g)に対して

1度に使う量は、約10gもないぐらい(大匙2杯程度?)

 

全然減りません・・・・(何回つくればええねん)

 

イングリッシュマフィンはおいしい!

HBを使っても簡単には出来ませんが

自分で作ったイングリッシュマフィン

美味しいですよ。

 

ちょっと朝食が優雅になります。(ほんとか?)

 

是非私のブームに乗っかて、作ってみて下さい。

 

じぇんつー
じぇんつー
セルクル買うと「元を取らないと」と思い、よく作る様になりますよw

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
じぇんつー
じぇんつー
名古屋市在住の30代サラリーマン主夫。 日々のあれこれや、我が家の家事事情などを徒然なるままに書いています。 絶賛友達募集中!