日記

もしも2億円あったなら

株式投資の話ですよ?

 

最近、職場の上司とよく株式投資の話をします。株価の値動きって金額というよりも動いた割合い(%)で話をされることが多いですよね。

「20%利益が出たから、利確(売却)した」とか。その視点で考えると当然、元本が多い方が儲けの額は大きくなります。

10万円の投資の利益20%は、2万円の利益。

100万円の投資の利益20%は、20万円の利益。

もしも2億円あってですよ?、それを投資に使えたなら・・・

2億円の投資の利益20%は、4000万円の利益。

 

そんなタラればの話をしています。4000万円も利益あれば、巷で言われている老後2000万円問題も一気に解決できますね。(2億円も持ってたら、そもそも関係ないですけどね(;・∀・))

株式投資の儲けは「割合で見る」。一方、それらを我々の生活で消費するときは「金額で見る」。同じ儲け方をしても、お金持ち(投資額の多い)方が沢山お金が増える・使えるお金が増える訳ですよ。

使えるお金が増えれば、生活のレベルをあげられます。また、支出を変えなければ生活できる年数が増えます。なんにせよお金に関するな悩みが減るのは嬉しいですよね。要は投資にお金(元本)を増やすのが大切。

なので話の最後は、いつも「仕事頑張ってお金稼ぎますか」で締めくくられます。

 

ちなみに、上司と私とで投資のスタイルは異なります。

  • 上司:株式売買によるキャピタルゲイン派
  • じぇんつー:高配当株によるインカムゲイン派
    (キャピタルゲインは投資信託のみ)

お互いに違う目線での話をするので、結構ためになります。情報交換みたいな感じですかね?

ではまた。

※2億円もあればそもそもお金に悩まないでしょって話ですが、そこはスルーしてあげてください。株式投資の儲けに対するロマンを言ってるだけなので・・・

ABOUT ME
じぇんつー
名古屋市在住の30代サラリーマン主夫。 日々のあれこれや、我が家の家事事情などを徒然なるままに書いています。