育休

夫の育休は何するのか(体験談)

こんにちは

男性の育児休業(育休)について、思ったことがあったので書き留めておきます。

※この内容は育休を取得した夫側の見解です。内容に偏りがある事をご理解願います。また、主に1ヵ月程度の短い期間の育休に関する意見です。長期の育休の場合は、違う意見もあると思います。

夫の育休は何をするのか

これは、もちろん「家事」「育児」となります。しかし、ただ漫然と家事・育児を行えばよいという訳ではないと思います。

目的は家族の心の負担を減らす

新しい家族(赤ちゃん)が増えることで、家族の生活環境が一変します。一例として、我が家の場合の変化点(大きそうなもの)をピックアップしてみます。

  • 昼夜を問わない、約2h間隔での授乳とそれに伴う寝不足。
  • 出産に伴う身体的な疲労、体調変化。
  • 外出規制。(おおよそ産後1ヵ月後の検診ぐらいまで)
  • 自由時間が減る(赤ちゃんのお世話時間分)

上の子
(長男)

  • 両親との時間が減る。(赤ちゃんのお世話時間分)
  • 夜中、赤ちゃんの泣き声で起こされる。
  • 行動の制限が増える(赤ちゃんの近くで、はしゃぐ、大声を出すと両親から注意される)

特に上の子は、両親との時間が減ったことで大きなストレスとなっている様です。(以前より情緒が少し不安定になった気がします。コロナ禍の影響かもしれませんが。)

これら生活環境の変化でストレスが溜まってしまう、妻や上の子をフォローしていく行動が大切かなと感じました。

育休中の夫のポジションは「遊撃隊」

上述の様に家族が増えることで、生活環境が大きく変化します。一方で、これまでの日常は継続していかなければいけません。生活環境の変化+日常生活の継続で家族のストレスが溜まることが容易に予想されます。

そんな中、育休を取得した夫は比較的時間の都合がつくフリーのポジション。臨機応変に家族のフォローに回ることができる夫はまさに「遊撃隊」な訳です。(一人ですが)

妻の代わりに家事を行うだけでなく、家族のフォローも視野に入れた行動ができます。むしろ、それが大切だと思います。参考に私が心掛けている事を記載してみます。

  • 妻と上の子との触れ合いの時間が取れる様に、赤ちゃんの面倒を見る。
  • 妻の自由時間が確保できる様に家事・育児を担当。
  • 睡眠不足の妻を昼寝時間確保のために、上の子と外出。
  • 外出が出来ない妻の代わりに好きなものを買ってくる。
  • 家の中では、はしゃぐ事が出来ない無い上の子を外で思いっきり遊ばす。

行動が制限されて、ストレスが溜まる→ストレスを小さくできるように立ち回る。そこら辺が大切かなと思います。

夫側の息抜きも必要

もちろん、夫側にも息抜きは必要です。外での仕事がないからと言って、普段と違う事をしてストレスが蓄積するのは夫側も同じ。ストレスが溜まった夫が家族へ辛く当たってしまう。そんなことが起こったら本末転倒です。息抜きしてください。

ただし、個人的には長時間の外出はおすすめできません。いざフォローが必要な時に家族の近くに居ない。これでは育休を取得している意味がなくなってしまいます。

まとめ

せっかく育休を取得したのだから、意義のあるものにしたい。そう思う人は多いでしょうし、私もそう思います。しかし、ただ漫然と過ごすだけでは、家族から「なんで育休とったの?」なんて言われるかもしれません。そんことにならないためにも、一度自分の行動を振り返ってみました。

家族の形や関わり方は、それぞれであり最適な答えなんてものは無いとは思いますが、家族全員が素敵な毎日を過ごせるように行動していきたいものです。

それではまた。

※ちなみに今のところは、妻から「育休を取ってくれて、助かっている」との言葉いただいています。(育休とって良かった)

ABOUT ME
じぇんつー
じぇんつー
名古屋市在住の30代サラリーマン主夫。 日々のあれこれや、我が家の家事事情などを徒然なるままに書いています。 絶賛友達募集中!